2012/05/13

[感想文]松本仁一「カラシニコフ」


三行レビュー

実質的にはアフリカ内戦のルポであり、カラシニコフ氏とAK47については一章のみ。元少年少女兵、「手首切り」の被害にあった一般市民、NGOやフリーの護衛兵などへの取材が元になっており、皆銃で撃たれた経験があるなど生々しい。AK47が生産性や過酷な状況下での使用において優れた銃であったために、発展途上国に普及し、小さな大量破壊兵器とまで呼ばれている現状を描いている。

カラシニコフについて


ミハイル・カラシニコフとAK47の誕生については全6章中1章が割かれているのみである。
84歳のカラシニコフに単独での取材を行った様子が描かれている。

AK47の優れた点は動作の信頼性とメンテナンス性の高さであり、それを支えているのが以下の工夫である。
・シリンダーとピストンのクリアランスが広く取られており、ゴミや火薬のカスが詰まって装填不良を起こす確率が低い
・弾丸を薬室に装填する「スライド」の重量が重く取られており、装填時の力が強く、多少の薬莢の変形などがあっても弾詰まりを起こす事がない
・薬莢が短いため(7.62×39mm)、薬莢の破れによるゴミの付着の可能性が少ない。
・部品点数がわずか8点しかないため、分解清掃が容易である

正式採用を巡ってのコンペティションでは、トカレフなどはシリンダーとピストンのクリアランスを狭く取ることで異物混入を防ぐという設計を指導していたが、結果として逆の道をとったカラシニコフの設計が最も優れていたことが証明された。

感想

当時の加工技術のことを考えれば、クリアランスを狭めれば狭めるほど要求される公差も小さくなり、生産性に大きな問題が出ることは容易に想像されるので、カラシニコフ以外に誰もこの設計思想に行き着かなかったことは不思議な気持ちがする。

カラシニコフの設計思想を水平展開して劣悪な環境下でもイージーなメンテナンスで使用を続けることが出来る民生用品の例はないかと考えたのだが、なさそうである。
ホンダのスーパーカブなどは、そのルーツはまったく異なるものの、やはり同じような利点で広く世界に普及しているとは思った。

また、2012年4月に倒産したイズマッシュ社の事情も書かれており面白い。ロシアの意向によってライセンスがばら撒かれた結果、AK47の生産は殆どが中国や発展途上国の現地工場に移転しており、この記事が書かれた2000年初頭でもすでにラインは止まりがちである様子が伺える。
営業担当が著者に「日本がAKを買ってくれる様な記事を書いてくれないか?」と頼んだエピソードなど、実に生々しくてよい。
ちなみに、日本の89式自動小銃は愛知県の豊和工業で生産しており、一丁347,000円とのことだが、AK74は120$とのことである。

アフリカ各国の内戦について


アフリカの内戦について、「失敗した国家」という表現がよく使われている。
国家建設の意思がなく、統治の機能していない国を指し、アフガンやソマリアがそうであるように、テロリストの拠点となるために国際社会にとっても問題である。
欧米諸国や中国、ロシア、そしてリビア等の思惑によって大量の武器が持ち込まれており、管理されない銃器が広く普及し、治安を悪くしている。
その結果経済活動が停滞し、国家運営に大きな支障をきたしている。
ところがソマリアの一部である、ソマリランドでは部族長達の長老会によって秩序が保たれ、武器の回収が進み、治安も維持されと活発な経済活動が生まれている。
しかし、国際社会によって一方的に線引きされたソマリアという枠でしか国家としては承認されておらず、ソマリランド共和国として承認されているわけではない。

感想

「失敗した国家」とは他国への介入に正当性を持たせたいアメリカの一方的な言い分であるような気もするが、現にジェノサイドも起こっている以上、追認してよい現状ではないと思う。
ソマリランド共和国は、住民たち自らの試みで国家の建て直しを行い、半ば成功している事例として非常に稀有な例だと思う。
なぜ成功したのか?という疑問に対しては、「長老会の説得が功を奏した」としか書かれていないが、これでは他の地域で成功せずソマリランドでだけ上手くいった説明としては不足である。






0 件のコメント:

コメントを投稿